わずかな時間


by rin6174

<   2011年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

こわい夢


こわい夢を見ました

目が覚めた時、この寒いのに、寝汗をかいていました

それほどこわかったのに、どんな夢だったか、細かい筋を覚えていません

現実に、普通に付き合いのある知人が沢山出てきたのは覚えています

その人たちと一緒にいて、普通にしゃべっているのだけれど、

ずっと内心は、いつ何を言われ、何をされるか、怯えており、

こわくてこわくて仕方がないのだけれど、

それを表に出さず、平静を装っているのです

一種狂気の世界に入り込んで抜け出せなくなったような…




私、図々しいオバハンのようですが、あまり心臓の出来が良くないようで、

激しいバクバクには強くありません

目が覚めた時のあの、汗とバクバクには参りました

布団を頭から被り、深呼吸しましたが中々治まらず

起きて灯りをつけて、ゆっくり歩いて玄関に行きました

玄関には大概花を置いています

その日も花を置いていました

その組合せが自分でも気に入って飾った、ピンク系の薔薇とスイートピー、小手毬

明るいその花たちを見つめているうちに、少しずつ落ち着いてきました




身体が冷えたので、梅酒を温め、布団で少しずつ飲みました

飲みながら、今のは何だったんだろうと考えていました

はっきりとした筋ももう頭にはないのに、こわさだけがひどくリアルに残っています

しかし、梅酒がまわってきて少し眠気が出てきたので

今がチャンスと、横になりました




心理学的に見ると、何かわかることがあるのでしょうね

調べてみようかと思いましたが、変なことでへこむとまた参るのでやめました




今日は、良い夢…いや、夢も見なくていいから、朝まで目が覚めずに眠りたいな
by rin6174 | 2011-01-31 23:44 | 日常 | Comments(17)

水仙の里で

c0006633_2274853.jpg   風に揺れる水仙から

   甘い早春の香りがこぼれる

   あなたと手をつなぎ、歩きながら

   胸いっぱいに香りを吸い込む


   ・・・この幸せはいつまで続くのだろう


   幸せの大きさと脆さは

   同じ速さで胸に忍び込んでくる

   失うことの怖さに

   思わず強く手を握る

   私の手を握り返す

   あなたの手の温もりが

   今はただ切なくて

   切なくて
                             

                                涙あふれて水仙滲んだ






  
by rin6174 | 2011-01-14 22:22 | 創作劇場 | Comments(8)

遅くなりましたが・・・


今年もよろしくお願い申し上げます


細々ではありますが、
思いを綴る場所として続けていきたいと思っております
時折でも、ここをのぞいて下さる方には本当に感謝しております
今後ともどうぞよろしくお願い致します


c0006633_22583941.jpg

←帰省の折に新幹線から撮りました、富士宮あたりでの富士です
良い天気で、本当に綺麗な姿でした


c0006633_22585318.jpg

帰省中に撮りました、兄の家の近くの芸備線です→
あまりに見事なまっすぐの単線なので、帰るたびに何となく撮ってしまうのです(笑)
by rin6174 | 2011-01-09 23:05 | ご挨拶 | Comments(10)