わずかな時間


by rin6174

<   2009年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Simon&Garfunkel

友 「サイモンとガーファンクル来るでしょ」
私 「へ?そうなの?何か気が向いたのかな・・・」
友 「もう来ないかもしれないから行かない?結構高いけど」
私 「いいけど、チケット取れるかな で、いくらなの」
友 「確か一万くらい」
私 「「おー 結構するね」
友 「そーなのよ、ちょっと迷ったんだけど、もう観れないかもしれないし」
私 「そおねー・・・ どこでやるの」
友 「まだ詳しく見てない」
私 「日程と場所によるかな・・・仕事の日だと多分無理」
友 「そうだよねー ちょっと確かめてまた連絡するわ」


・・・そんな友人との会話から始まったS&Gの話
後から来た友人の話では、公演に土曜日が含まれていて、場所が東京ドームだという
土曜日なら行けるけれど、東京ドームでは音が悪い そして、チケット代は11000円・・・
チケット代はあれこれ切り詰めて捻出するとしても、コンサートをドームで聴くのは嫌だった
友人も同意見で、二人で散々迷った挙句・・・
私 「それは、もしチケットを取れたら行けということだと思って、行こ」
友 「んー  じゃあポチするよ~?」

・・・・・・・・・・・・・・・・

友 「  チケット取れちゃった」
私 「おー んじゃ行こう!!」


前置きが長くなりましたが、昨日友人と二人で東京ドーム行ってきました
余談ですが、普段土曜日が仕事の友人は休みをとって、
昼に自由が丘で待ち合わせして一緒にごはん
オーガニック素材の料理のお店でテラス席もあり美味しく食事できました
誕生祝とのことで、友人がご馳走してくれました・・・チケット含め、ありがと なべちゃんm(_ _)m

東京ド-ムの席は二階席で、ステージまではすごく遠かったけれど
見通しは良く、モニタも有ったし全く問題なしでした
「オールド フレンド」で始まったステージ 確かに彼らが旧友そのものと思いながら聴きました
その後も懐かしい曲が続き、元気な歌声とギター演奏に聴き入りました
ガーファンクルは、高音を張るところは流石にちょっと苦しそうでしたが、
外見はお顔の皺以外若い頃と変わらぬ印象
ポールは大分丸くなりましたが、声や演奏はまったく年齢を感じさせず驚きました
一人ずつ歌う曲もあり、その間はもう一人はステージから消えて休憩していたのでしょうが
二人まとめての休憩時間は無しで約二時間ちょっと ほとんど歌いっぱなし・・・
すごいです 元気です

「サウンド オブ サイレンス」では、不覚にも涙が出ました
「卒業」のLPのジャケットはまだ子供だった私が見るに、とても大人っぽくて印象が強かったし
どの曲もとてもインパクトがあって何度も繰り返し聴いたものでした
彼らの曲は、ちょうど自分が音楽を聴き始めた頃のもので、その頃の様々な出来事や想いが蘇りました
そういう、多感な頃に聴いたものだから余計にしっかり残っているのかもしれませんが
そういうノスタルジーな感覚を差っ引いても、
また、今聴いてみて、改めてその曲を素晴らしいと心から感じました

大きな期待はしていなかっただけに、とてもすごいものを聴いた気持ちになりました
例えば、ビリー・ジョエルとか、スティービー・ワンダーとか、エリック・クラプトンとか
世界的に有名と言える他のミュージシャンのコンサートにも出かけたことがありますが
その時とは全く別の感覚がありました
まだ子供といっていい年齢に聴いたS&Gを、この歳になって生で聴いたということが
何かこう、他の有名ミュージシャンの時と全く違う、感慨深さを生んだのでした


c0006633_9325762.jpg

by rin6174 | 2009-07-12 09:36 | 音楽 | Comments(12)
今月4日、誕生日を迎えました
たくさんの方々にお祝いして頂きました

直接お会いして、またはメールで、そして手書きのメッセージで、祝辞を頂き
私の好みに合わせて選んで下さったお品物を頂き
楽しい会食、充実した会話をご一緒し
ヤマハでレッスンをともに受けるクラスの仲間からはバースデイ・ソングを歌って頂き
・・・ わたくし幸せ者です

皆様、本当にありがとうございました
心から感謝しております



この数年で、身体的な面では、健康状態に不安が無いという時間が無くなりました
そして、精神的な面では、瑞々しい感受性も、かなり失われたと思います
・・・年齢的なものを、自覚せざるを得ない日々です
けれど、今、ここに居る自分だからこそ理解し判断できることは、確実にあります
勿論全てとは言いませんが、若い頃には理解できなかったことで、今理解できることが、沢山あるのです
私は、それが、本当に嬉しいのです
なのでけして強がりではなく、若さを羨んだり、若い頃にまた戻りたいと思ったり、そんなことがないのです
これまで積み重ねてきた時間の頂点に居る、今の自分がすべてなのです


去年の誕生日から一年   ・・・色々ありましたけれど、無事に過ごせてこれたことに感謝
そして、ここからまた先に生きてゆける、スタートラインに立てたことに感謝
生きる自分が、心温かき方々に支えられていることに感謝
ここに、私の様子を見に来て下さる皆様に感謝



「力まず気負わずさりとて腐らず 些細なことを疎かにせず」

・・・自分が目指す姿にはまだほど遠いけれど、淡々と しかし静かな情熱を持ち続け、生きていこう
by rin6174 | 2009-07-06 01:00 | ご挨拶 | Comments(16)