わずかな時間


by rin6174

<   2007年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

c0006633_7545032.jpg
横浜市中区麦田町にて



仕事先で少しの時間調整をする
近所の住宅の間を歩く

光りを受けて輝く黄色が柵越しに見えた
その日晴れていなければ出会えないその鮮やかさを撮る



暗いグレイの空から、今日は慈雨が降り注いでいる
自動車のタイヤがアスファルトの水を割く音が聴こえる
少し寂しい想いで あの日の光を、思い出している


さあ、掃除しよ(笑)
by rin6174 | 2007-03-25 08:22 | ケータイ | Comments(18)

・・・ さって、

c0006633_10182864.jpg
広島県芸備線戸坂駅脇踏み切り



公私とも、「質、量」共に私の容量を超えて、
期限にも追われっぱなしでここにまで弱音を吐いてしまった、
仕事の物理的ピークは過ぎました
入院中の父も今のところ容態は落ち着いています

ご心配いただいた皆様、本当にありがとうございました
つまらない泣き言を聞いて下さり、重ねてお礼申し上げます



傷んだ体のメンテしつつ追う側にまわる決意です
残った厄介事は前向きな姿勢で受け容れて消化します
「力まず、気負わず、しかし腐らず、些細なことを疎かにせず」
私の生きる姿勢の目標であります
もう一度、自分の目の前に置かねば・・・


次々と花咲く春はもうじきやってくる
まずは 季節の息吹を迎えられる気持ちを自分に宿したいです
カメラを手にする時間も、少しずつでも持ちたいです
by rin6174 | 2007-03-18 10:47 | 心の想い | Comments(18)

広島の桜

c0006633_2230296.jpg



橋のたもと

風に揺れ

丸く咲いてた

あなたの前を素通りできなかった

あなたに携帯をかざした




今 大きく画面に映して

あなたの姿に涙する

私はあなたに救われている
by rin6174 | 2007-03-06 22:40 | 心の想い | Comments(16)

ひとひしのいで

それが一週間となり
一ヶ月となり
そして、はや弥生

5センチ×7センチの黒い板に座った小さな雛人形
毎年飾るのを楽しみにしている好きな人形を
思い出しもしなかった

報われない忙しさ
回復しない体力
戦うのが当たり前とわかっていても
奮い立たない、些か疲れすぎた気力

とどのつまりは父の入院

というわけで、更新が滞っております
時折のぞいて下さる皆様、申し訳ありません

今は日帰り帰省で
よく晴れた広島の空の下
これから会う父や亡くなった母のことを思い出しながら
早めのお昼を食べていました

思い出は
いつか必ず死ぬから愛おしく心に在るのかな
などと思いながら
大口開けてパンをかじっていました


一日一度、
例えばあまり期待していなかったサンドイッチが
かじりついたら思いのほか美味しかった
そんな小さなイイコトがあれば


十分なのかもしれない


ネガティブな意味でなく
幸せは、そんな心のもとに
静かに訪れるのだろう


そんな気がする
暖かな広島

これから病院です
by rin6174 | 2007-03-04 11:19 | Comments(10)