わずかな時間


by rin6174

<   2006年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

by rin6174 | 2006-11-28 21:51 | 散歩 | Comments(14)
c0006633_1125329.jpg

空さんに教えていただいて、11月12日にあったこのイベントをのぞいて来ました
「私は残念ながら行けませんが、おすすめは、ランボルギーニ・ムルシエラゴです」
とのことでしたので、赤レンガに着いたらまずはそれを探しにうろうろ・・・

いたいた、お~迫力あるなぁ

c0006633_1162569.jpg
c0006633_1164150.jpg
c0006633_1165820.jpg
c0006633_1171047.jpg

斜め後ろからのスタイル、好きです

風があって寒い日でしたが午後の陽射しが強くて、写真だけ見るとなんだか夏みたいですね
お天気がよくて勇んで行ったものの、風が冷たくてちょっとめげてしまい、
あまり長居はできませんでしたが、久しぶりに迫力ある車をたくさん見ていい気分でした
私が選ぶカーオブザイヤーも・・・会場で投票できたので、してきちゃいました
他の写真もあります、また追々・・・

空さん、情報ありがとうございました

この日の午前中は・・・
by rin6174 | 2006-11-25 11:33 | 散歩 | Comments(14)
11月23日追記

皆さんのコメントで見方や想いを変えて考えることができました
ありがとうございます
的外れな言葉も多いと思いますが、嬉しく考え、お返事させていただきました
また躓いた時、私の独り言にお付き合い下さい
よろしくお願い致します



11月22日深夜追記

・・・こんな独り言みたいな雑文に、コメントをありがとうございます
それぞれの方が仰る言葉が、それぞれに、沁みてきます
それぞれのお言葉に、考えることがあります

私の想いと照らし合わせて、少し時間をかけて考えて
お返事をさせていただきたく思います

・・・本当に、ありがとうございます





このタイトルの歌は、その昔小室等が歌っていました
まだ埃っぽい制服を着てフォークギターを抱えていた頃にこのLPを買い、
この歌の詩を書いたのが谷川俊太郎だということを知りました

・・・・
生きているということ
いま生きているということ
それはのどがかわくということ
こもれ陽がまぶしいということ
ふっと或るメロディを思い出すということ
くしゃみをすること
あなたと手をつなぐこと

そんな歌いだしで始まるこの歌を、
子供だった私も「生きる」ことの意味に近づこうと思いつつ
聴いて、そしてギターを弾いていたような気がします

友人や身内の死に遭遇した時、自分が生きているということは、
「死なないで欲しい」と思う存在があることだろうかと
ふと考えました
自分にとって、「死なないで欲しい」と思えるものが存在し、
自分が何かにとって「死なないで欲しい」と思われる存在であること
それは、今自分が生きていればこその思いなのではないかと

でもあとから考えたら、
そんな相対的なものがなければ「生きる」を定義できないのかと思い
ちょっと落ち込みました

今朝着替えるときに、膝に結構大きなアザを見つけました
今たくさん入ってきている仕事があって、多分その仕事中にやったんだと思いますが、
要はこのアザが生きているということだと妙に納得したりしていました
何かにぶつけても気づかないでせわしく仕事をし、
その対価で収入を得て、
その収入で日々の糧を得て、
そして、ぶつけたところは生きているから反応して青くなる

先週は帰りの遅い日が続いて、気分も冴えない毎日で
皆さんへのレスもまるで亀でした
なので、気がつくと考え事ばかりしていました
他の人たちの、いま生きているということ
それは一体、どういうことなんだろう
そんなことを考えているとまた眠れなくなるので
今日のところは、ウィスキーを熱いお湯で割ったものでも流し込んで眠ってしまうことにして
明日にでもまた、考えてみることにします

引用です
by rin6174 | 2006-11-19 23:04 | 雑文・個人 | Comments(16)

クリスマス嫌い

c0006633_234225.jpg
c0006633_2341595.jpg
c0006633_235446.jpg
c0006633_2353083.jpg



今日の午後は仕事でした
休日出勤などという殊勝なものではなくて、
月曜に予定できなかったから無理やり今日に入れたというだけのことなのですが
関東は冷たく強い雨が一日降っていて
仕事に行くのは憂鬱でした
おまけに、やり慣れた仕事とはいえ内容が初めてのケースだったので
いつもより時間がかかりました

冷たい雨が降る中をそのまま家に帰るのがまた憂鬱で
最寄り駅の横浜で降りず、そのままみなとみらい駅まで行きました
ランドマークプラザの吹き抜けには、
毎年飾られるスワロフスキのクリスマスツリーがあり、ツリーの足下には
スワロフスキの製品が飾られていました
・・・街はもうクリスマスです

私はクリスマスが嫌いです
クリスマスは、平凡な家庭に訪れる楽しみの足音や、
幸せな恋人達の約束する声が聞こえるから


・・・ はい  単なるヒガミです


      
by rin6174 | 2006-11-11 23:46 | ケータイ | Comments(22)

おうめさんの住処

by rin6174 | 2006-11-05 22:22 | 遠くへ行きたい | Comments(20)

続・護衛艦

c0006633_104233.jpg


先日お約束して以来随分時間が経ってしまいました
護衛艦の続き一挙UPします
枚数が結構あるので、お好きな方だけよろしければご覧下さい・・・

More
by rin6174 | 2006-11-05 10:15 | 散歩 | Comments(9)

同じ想い

そこにはっきり見えていた

c0006633_7574346.jpg


今も・・・
by rin6174 | 2006-11-04 08:17 | 雑文・恋愛 | Comments(8)

北信濃へ

c0006633_11422561.jpg
白馬方面


arizoさんご夫妻が誘って下さったおかげで
阿弥陀堂にご一緒できたのは、先週の土日でした
二日ともお天気に恵まれ、あちこち案内して頂き
楽しい時間を過ごしました
週明け、仕事が始まった途端あれこれとあって
撮った写真をゆっくり見る時間がありませんでした
arizoさん、奥様のロビママさんのブログでは
綺麗な写真がもうたくさんUPされています
山を登って登って、その向こうにある阿弥陀堂は
小さな小さなお堂でした
ロケに使われたものとは思えないほど、周囲の景色に馴染んでいました
そこから、おうめさんがひょっこり出てきそうな・・・
心に残る「阿弥陀堂だより」のたくさんのシーンを案内して頂き
実際に、様々な場面に出会ってきました




行きに通った志賀高原ルートで、遠く白馬の山々を望むことができました
高い山の稜線が冠雪している姿が大好きな私はとても嬉しかった
切り立つ稜線には、様々な思い出があります
揺るがぬ姿に、力をもらうことも多いです

ですが、今回の旅では
私が気を遣わぬよう扱って下さるご夫妻と、
やっとあまり私に警戒せず近づいてくれるようになったdaisyと、
二日間とてもとても有難い時間を過ごしたことに、
何よりも、力をもらえたのでした・・・ありがとうございました

arizoさんやロビママさんのように、ちゃんとした時系列でUPできませんが
私なりの言葉を添えてまた写真をご紹介できればと思っております
by rin6174 | 2006-11-03 12:09 | 遠くへ行きたい | Comments(8)