わずかな時間


by rin6174

<   2006年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

護衛艦がいた!

c0006633_214931.jpg
c0006633_21491543.jpg


昨日臨港パークまで散歩に出て、途中のパン屋で買ったパンを食べながら海を見たら
海上自衛隊のあたりにグレーの船が・・・
これは、「inamokuブログ」のいなやんが言っていた観艦式に集結する船の一部だと思い、
パンを食べ終えてから海沿いにテクテク、船に近づいていきました

「あぶくま」(229)と「さわぎり」(157)
並んでいるところは、そうは見れませんよね
一眼を持っていなかったのが悔やまれましたが、一般公開していたので
IXY持って、とりあえず乗船し見学してきました

ミサイルやレーダー、船内も見学できて、機械好きとしてはちょっとドキドキでした
制服姿の自衛官の方々もカッコよかったなぁ
何枚か写真を撮りましたから、また追々・・・
とりあえずは、並んだ護衛艦の勇姿です(^^
by rin6174 | 2006-10-22 22:17 | 散歩 | Comments(18)

小さな会話

c0006633_139554.jpg


なにか


近しい気がするのぅ







c0006633_1310136.jpg



そお?
by rin6174 | 2006-10-21 13:14 | トモダチ | Comments(8)

暑かった先週の祭日に、

久しぶりに会った千葉県は市川在住の友人と
横浜東口にできた複合商業施設ベイクオーターに行きましたが、
連休最後の日好天に恵まれ、この場所はすごい人出でどうにも落ち着きません
暑かったこの日、私たちの意見はすぐに一致
それを得るためどこに行こうかと話す中で、友人の一言
「みなとみらいで××の○○祭りみたいなことやってるって何かで見た」
ん~と考えて私の一言
「・・・そういうことをやっている場所は多分赤レンガのあたりと思うけど」
すぐに、ではここからシーバスに乗ってしまおうということになり
ベイクオーター脇の乗り場からシーバスという観光船に乗船

赤レンガで下船し広場に向かうと、やってるやってる・・・
大きな仮設の建物があり、人がごった返しています

c0006633_3454328.jpg

建物の入り口脇にはカラフルなパラソルや
c0006633_318109.jpg

黒い樽のようなものが

中身は・・・
by rin6174 | 2006-10-15 03:48 | 散歩 | Comments(26)
c0006633_23304473.jpg

c0006633_23305397.jpg



YAMAHAでボーカルとゴスペルを教えてくださっている先生は
ご自分でユニットを組んでおられて、そのユニットのライブを時々されます

日曜日に御茶ノ水でライブをされたので、行ってきました
小さなライブハウスで、フラッシュを使うのも気が引けたので
暗いままボケボケですが、とりあえず写真も撮りました


来月は、ここと同じくらい小さいライブハウスで、
10人くらいの仲間とゴスペルを歌う予定です
乾燥してきたので、喉の調子を悪くしないようにするのが難しいです
もともと喉が弱くて・・・


どなたか、喉の調子を整えるいい方法をご存知ないでしょうか?
by rin6174 | 2006-10-10 23:38 | 出来事 | Comments(12)

貴女に触れたい

c0006633_21374661.jpg


その
僅かな無駄も無い身体にある 微かな起伏は
情熱的なスカーフの下


でも・・・


c0006633_21375627.jpg



本当に触れたいのは
貴女のすべての中でどこよりも官能的なその
葡萄色の唇
by rin6174 | 2006-10-07 21:46 | ケータイ | Comments(10)

素朴なショーケース

c0006633_23251777.jpg



の中の、素朴なお団子

おコメの粉だけで作ってあるそうでですが、
頬張ると、口の中でほろりと溶けるような・・・
まるでお芋で作ったような舌触りと味でした


焦げたお醤油が美味しかったですよ
by rin6174 | 2006-10-04 23:29 | 散歩 | Comments(20)

一年に一度の出逢い

c0006633_9443066.jpg




沈みかけた夕陽に照らされた

あなたは

優雅に 静かな佇まいで

真っ直ぐに立っていた

そっと近づくと
by rin6174 | 2006-10-01 09:57 | 散歩 | Comments(18)
c0006633_0144754.jpg


猛々しく湧き上がる入道雲のようなあなたと
焼けるような思いで過ごした夏が終わった

涼しく乾いた風が吹き始めて
あなたの心は移ろい千切れて
鱗雲のように、高く高くそして 遠く

私の思いはもう届かない

ここで、あなたをただ見上げている
by rin6174 | 2006-10-01 00:25 | 散歩 | Comments(6)