わずかな時間


by rin6174

<   2006年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

c0006633_22303581.jpg
c0006633_22305656.jpg
c0006633_22312252.jpg

c0006633_22313843.jpg


4月9日の松本ですが、桜は蕾ばかりでした
桜とお城が撮れると思っていたけれど
蕾とお城になってしまいました
その代わり梅はまだ綺麗に咲いており、梅とお城が撮れました
あと、明瞭でないけれど北アルプスとお城も

お城を撮ったあとは駅に向かってぶらぶら歩き、
どこかで一休みしようと思いました

さて駅へ向かおう
by rin6174 | 2006-04-30 22:52 | 遠くへ行きたい | Comments(9)

松本 アルプス公園より

お蕎麦屋「みやま」を出た後、少し雲が切れて顔をのぞかせた北アルプスを見て、
何にしても行くだけ行ってみようと思い、タクシーに乗って高台のアルプス公園へ

冬、その高い稜線がくっきりと見えて感激した思い出の公園です
その時は、夕方と早朝の北アルプスを遠く眺めました
この日眺めたのは、お昼過ぎの山々です
春は、霞がかったように見えてしまうことが多いのです

アルプス公園より
c0006633_20514921.jpg
美ヶ原

c0006633_20522774.jpg
逆側、北アルプスその1

c0006633_20524510.jpg
北アルプスその2

c0006633_2053895.jpg
北アルプスその3

昔・・・
by rin6174 | 2006-04-23 21:51 | 遠くへ行きたい | Comments(18)

「みやまそば」の話

この一週間、不慣れな仕事をする気疲れと、結構身体を使うということで
心身どちらもくたびれてしまって、更新がすっかり遅くなってしまいました
もしその間お出で頂いている方があったら、本当に申し訳ありません
お詫び申し上げます・・・

c0006633_2073141.jpg
松本駅の看板正面から
c0006633_2081586.jpg
左から

松本駅にある観光案内所で簡単な地図をもらい、
目的のひとつである、「みやま」というお蕎麦屋さんの位置を確かめました
このお店には何度も行っているのですが、じつは一人で行くのは今回が初めてだったので
どうやって行ったものかと調べてみたのです
バスの便がありますが、本数がとても少なくて、ただバスを待つだけというのは
日帰り予定の私には時間が勿体無く感じられました
かといって、行きたい場所全部タクシーを使ってはお金が勿体無い(笑)

で、以前の記憶を頼りに最初の目的くらいは歩いて果たそうとてくてく歩き始めました
歩くこと一時間強、やっと着きました 時間は11時半くらいでしたでしょうか
近づくと、すでに店の外に人が待っています
待つこと10分、席に空きが出来たので入りました

コンクリートの床に家庭の台所にあるようなテーブルが5つにスチールの椅子
懐かしい店の内装は何も変わっていません・・・う、嬉しい~
「大盛り下さい」「はいよ、大盛りね」
このお給仕してくれるおじさんの、私大ファンなのです
それは、ここのお蕎麦が好きなのと同じくらいと言っていいと思います
・・・何故かというと、この方をお給仕のタイミングが絶妙だからなのです
ここのお客さんの男性の半数以上が注文するのが
もりかざると、ラーメン(お蕎麦屋さんですが、あるのですラーメンが)の両方なのですが
冷たいお蕎麦を先に持ってきてくれて、食べ終わりの頃
実に丁度良くラーメンがやってくるのです

私も連れが居れば両方・・・ラーメン半分ずつしてもらって食べたかったですが
一人だったのでそれは諦めて蕎麦の大盛りにしました
運ばれてきた蕎麦をペロっと食べて、蕎麦湯も三杯飲み干し大満足でしたが
相席のお向かいの年配のご夫婦が揃ってラーメンを食べておられたのが美味しそうで
とても羨ましかったです
「おかあさん一口もらっていいですか??」もう少しでお願いしそうでした(笑)

お蕎麦は細めでのど越し良くほどよい蕎麦の香り
そばつゆは甘からず辛からず、好い加減です
ラーメンは和風醤油味の中華ソバと呼びたい風味です
どちらも私は大好きで、またきっとこの「みやま」へ行くためだけにでも
松本に行ってしまうでしょう

ここの写真がないのは、地元の人達でいつも混んでいるような
地元に根ざしたこじんまりしたお店だから、撮影しにくかったから・・・
それと、もうお蕎麦だけに集中したかったわけでして・・・
すみません食いしん坊でm(_ _)m

みやまを出たころは、朝まるで隠れていた北アルプスの稜線が少しだけ顔を出していたので
このあとちょっと高台にあるアルプス公園というところに行きました
(今度はさすがにタクシーです・笑)
c0006633_20435477.jpg


このあとアルプス公園、駅周辺、帰りのあずさ車窓からの八ヶ岳、南アルプスを
またちびちびとUPさせていただきます
週刊より間があいてしまい、お出で頂いている方には本当に申し訳ありません・・・
by rin6174 | 2006-04-22 20:50 | 遠くへ行きたい | Comments(12)

長野県松本市

c0006633_22394189.jpg


土曜の昨日、元同僚の二人と久しぶりに会ってお互いの近況の話をしました
積もる話の始まりは21時半で、切り上げたのは夜中の3時(^^;
そのまま眠らずシャワーと洗濯を済ませて、
日曜は中信も晴天に恵まれるという天気予報を信じて支度してしまいました
不眠のままの強行軍です

松本は10年前頃にはよく訪ねた縁浅からぬ土地で
様々な深い思い出があります
少し前から、一度行きたいと思い続けていました



日帰りで行くので目的を絞りました
1.「みやま」というお店でお蕎麦を食べる
 ・・・何年ぶりになるかはもう忘れましたがとにかくここのお蕎麦が好きで
 これだけのためにでも松本に行こうかと思ったくらいです
2.北アルプスの高い稜線を見つめる
 ・・・冠雪があるうちに見たかったのです

これが目的で、日曜の今日、新宿からスーパーあずさ1号に乗り
松本へ行きました
よく歩いたので些か疲れまして
今日は、質実剛健といった面持ちが魅力の松本城をとりあえず一枚だけ

またポツリポツリ、UPしていきます・・・
by rin6174 | 2006-04-09 22:51 | 遠くへ行きたい | Comments(20)

勝手


自分の寂しいという甘えた思いだけを押し付けて
相手を悲しく不愉快にさせてしまった日でした

私は、少し冷静になり
そのあと、また心をほどよく温めて
相手に心を開いてもらえるようにしなければ



それにしても、
いつまでたっても子供だと、嫌になります

・・・謙虚に反省し そして少し慎まなければ
by rin6174 | 2006-04-09 03:58 | 出来事 | Comments(6)

眠れない夜

妙にはっきりした目覚めだけれど部屋は真っ暗
頭の中に、「ん?」という文字が浮かぶ
目覚ましの代わりに枕元に置いてある携帯を見ると3時23分
ひどくがっかりする
これは、まだ起きたくない時間だ
また目を閉じる  ・・・が意識が落ちて行かない

仕方ないの一度起きてみる
身体を縦にすると、貧血の時のようにふらふらする
頭はさえざえとしているが、身体は眠っているままなのだとわかる
もう一度ベッドに戻り布団を被る が意識は明瞭だ

寝る前に考えていたことが、頭の中に次々と戻ってくる
寝る前に考えていたことは、出来れば思い出したくないことだった
止めようもなく、意識は更にはっきりしていく
こうなるともう駄目だった

数時間前、寝酒を飲みながら読んでいた文庫本をもう一度手にする
何頁か読み進むと、主人公の心象風景は奇しくも
今の私のそれと似ていた
自分と似たたぐいの、主人公の孤独に少し心を治められたので
少量のウィスキーを枕元に置き
もう一度、文庫本に助けを求めてみることにする


c0006633_4395651.jpg

春の命の盛り
これを見たときの
あの寂しくも穏やかな心よもう一度戻っておいで
網膜に映る桜と、傍らの小説よ
何とかあと一時間、私に安らかな眠りを与えてくれないか
by rin6174 | 2006-04-07 04:48 | 雑文・個人 | Comments(10)

続・導かれ集う

若い頃、親しくしていた友人が、数年の間に別々の事故で4人亡くなりました
まだ二十代だった私には大変な出来事でした

友人の御通夜やお葬式に行くことは、認めたくない現実を認めざるを得ない
場所にいくことですから、本当に嫌でした
そして、標準的な寿命とは言えない年齢ですから、元気に脈打つ命を目の前でへし折られたような・・・

長文です この先はお時間あれば・・・
by rin6174 | 2006-04-02 22:05 | 雑文・個人 | Comments(8)