わずかな時間


by rin6174

カテゴリ:未分類( 19 )

国府津


c0006633_13564501.jpg


波の音と

引く波に転がる石の音



楽に、なる



by rin6174 | 2016-11-03 13:55 | Comments(3)

箱根駅伝 国道1号線

たまたま通りがかった時が、
通過する時間だったようです

c0006633_1257055.jpg

c0006633_12571552.jpg

c0006633_12573089.jpg

c0006633_1258452.jpg

c0006633_12591079.jpg



すっかり季節投稿になってしまった
このブログですが、
細々続けて参ります

今年も、どうぞよろしくお願いいたします


by rin6174 | 2015-01-03 12:57 | Comments(6)

今年最後の小旅行。

大きな富士山に力をもらい。

c0006633_144147.jpg

by rin6174 | 2014-12-28 14:02 | Comments(2)

高倉健さん

2014年11月10日午前3時49分
あんな人になりたいと、
思い続けていた人が亡くなりました

まだ信じられません

会ったこともない人でしたが、
同じ時代に生きているということだけでも良かったのです
それほど、自分にとって、大きな人でした

健さんが、もうこの世に居ないことを思い出しては、
悲しい気持ちになる日々が、当分続くのだと思います


まだ、嫌だなあ、健さん…
準備、してなかったなあ
悲しいな…




by rin6174 | 2014-11-18 23:29 | Comments(0)

ハーロン

c0006633_842427.jpg



雨粒が

傘を打つ音数え切れない





余裕
by rin6174 | 2014-08-11 08:40 | Comments(0)

聞き役

c0006633_1315868.jpg


伝えられないまま

心の引き出しの奥に

ひっそりと仕舞われた言葉が

またひとつ


by rin6174 | 2014-07-27 01:31 | Comments(0)

とんぼがえりで

c0006633_2012277.jpg

c0006633_2012298.jpg

c0006633_2012285.jpg

日帰りで広島に行き、病院を二軒はしごしました

早い快復を祈りつつ帰路

帰りの新幹線車窓から月を眺めています

写真は、行きの新幹線車窓より富士
そして見舞いを終えて立ち寄った原爆ドーム

綺麗な秋晴れの日でした
by rin6174 | 2013-09-18 20:12 | Comments(4)

羽越本線

c0006633_12444228.jpg

運転席の後ろから携帯撮影
ほぼ単線ですが、時折すれ違えるところがあります
景色は日本海あり、鳥海山ありと良い路線なのですが、
冬は日本海からの風が鳥海山にあたり、雲におおわれてしまうことがほとんどだそうで
今日も麓の方がほんの少し見えただけでした
昨日は…何も見えませんでした(ToT)
by rin6174 | 2013-01-05 12:44 | Comments(8)

巳年、初旅

c0006633_11302485.jpg

あけましておめでとうございます
エキサイトブログとはすっかりご無沙汰してしまい、約一年ぶりの投稿です
時折、のぞいて下さった方がいらっしゃるようでした…本当にありがとうございます
何とか日々を暮らしております
今年も、どうぞよろしくお願い致します


…昨年末、急に思い立ちチケットをとり、今秋田新幹線の中、田沢湖線を走っています

もうじき秋田駅
羽越本線に乗り換える予定ですが、強風で一部運休だそうで、どうなりますことか

厳しい日本海は余所者を跳ねつけるかもしれませんが、宿はその先(^_^;)

とりあえず向かってみます
by rin6174 | 2013-01-04 11:30 | Comments(4)
c0006633_2047480.jpg


木曽駒ヶ岳の頂上の隣にある宝剣岳の頂上です
小さな岩の上、この狭い岩の上が本当の頂上で、
一緒に登った人の一人がその上に立っています

…本当に狭いんです
突風が吹いたら落ちて死ぬ
そう思った私は、そこに登りませんでした
大体、リュックを置く安定した平たい場所も、そう多くは無いような、
ごつごつした岩ばかりの、狭い狭い頂上なのです

c0006633_20472055.jpg


その狭い頂上に、人がどんどん登ってくるので、
もう下りなくてはと思い、登ってくる人に
「頂上は今いっぱいでーす、少し人が下りるまで待って下さーい」
と声をかけて、下りていきました

チョット踏み外すと落ちて死ぬなと思うような足場の狭さで…
登る時も勿論、おりる時もところどころに張られた鎖に
必死でしがみついていました

c0006633_20542193.jpg
c0006633_20543851.jpg


おかげで足よりも腕が筋肉痛になりました
(^^;;;
by rin6174 | 2011-09-07 20:57 | Comments(7)