わずかな時間


by rin6174

運河のほとり2

c0006633_0185842.jpg
足が一本でした。
写真に撮るのは酷い気もしたのですが、顔がとても可愛かったので
撮らせてもらいました。
何かと不自由だろうなあ、鴎社会にも差別はあるのだろうか、と
真剣に考えてしまいました。
Commented by ケンです。 at 2004-12-13 20:54 x
鴎には差別はないでしょう。そう思いたい。 いろいろこれからもあるだろうけど、一生懸命生きている。そう感じました。自分もこうありたいものです。。
Commented by webtyuu at 2004-12-13 22:21
釣り糸や網の放置されたものに引っかかったんでしょう。
人間の仕業です。
痛々しい写真だけど、がんばれ~っておもわず声を掛けたくなる写真です。
つぶらな目がなんとも言えません。
Commented by rin6174 at 2004-12-14 00:53
ケンさん、コメントありがとうございます。
彼(彼女?)には、差別のない世界で、気負わず普通に生きて欲しいと
思ってしまいます。
Commented by rin6174 at 2004-12-14 01:01
そう、釣り糸でやられたのかな・・・と考えていました。>酎さん
私、鳥って実は目が苦手なんです。無表情で怖い気がして。
でも、この鴎さんの目はしずかでかわいくてはかなげで、
撮るのを躊躇った一本足姿でしたが、撮っておきたくなりました。
by rin6174 | 2004-12-13 00:22 | 散歩 | Comments(4)